2010年1月7日木曜日

Give It Up/Chuck Nutt



評価:★★★★★★★☆☆☆


年代:1999年


地域:Vacaville,California




この人のことは全く知らないんですけど、すごく聞きやすくてカッコイイ作品です♪ただし、あんまり分かりやすい曲は無いです。初心者の方にはあまりオススメできないかな。


モロG-Funkな①Half Of The Tyme、⑥High Times、B-Legitを招いて妖しげなトラック上でマイクリレーをしていく④Hemped Up。


Doonie Babyなる女性ラッパーがクソいい味を出している⑦Stay Tightはトラックがリズミカルでスネアの入れ方もカッコイイ。フックのコーラスも最高です♪Urbanな雰囲気たっぷりのベイメロー⑩Perfect Rydeは男性シンガーがいい味だしててかなりお勧め。⑫Under Pressureも男性コーラスが絶妙にコーラスを聴かせてくれるSmooth G!


⑮Mind Goneは高音シンセがうねりまくる上に、単調なピアノの音色が重なり不思議な感じのトラックのMiddle Funk。すごくDeepでかっこいい。


⑰American Dreamは間違いなくこの作品の中のハイライト!Levittiがアダルティなトラックの上で艶やかにコーラスを歌い上げてくれます♪Chuck NuttのRapもきれてるねぇ~!
箱と銀皿とではジャケが違いますね。



2 件のコメント:

201 さんのコメント...

ジャケ違いありますよね~。カセット収集の醍醐味のひとつかと。
僕は今、Kilo Gのカセットが欲しいです。

GANGSTA P さんのコメント...

201くん

Kilo Gは名盤だもんね♪
俺はCassette持ってるから銀盤がほしい・・・